ブログ

2017/12/21

仏道から学んだもの~その3

 

先ず苦しみとなっている物事としっかり向き合う、それがほんとうに不安や苦しみから脱却する道のはじまりなのです。

 

ただし、向き合いが可能となるためには、その基礎としてある程度の心の安定が、必要です。

 

あまりに不安定な時に向き合いを行おうとすると耐え難い苦しみと直面することになる場合が少なくないからです。

 

心の傷や強いストレスに苛まれたりしている場合は、まずは癒されなければなりません。

 

癒されれば、安心を得、安心が得られれば、

じぶんの心の世界を観察することが出来るようになります。

 

ただし、ここにも落とし穴があります。

 

癒しは、心地よいものですから、ついそれが目的となってしまい、癒しから癒しを求めて彷徨うことも起こりやすい。

 

癒しは、あくまでも過酷な状態からの回復の一過程に過ぎないのです。

 

進むべき輝かしい道が、目の前に広がっています。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
寺子屋道場 in 要唱寺
mahadharma.jp
住所:〒361-0037 埼玉県行田市下忍138-1
TEL:048-553-0949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇