ブログ

2018/08/26

自然の芸術~カンボジアの月

 

明日は、ゴミの収集日。前夜いくつかの袋を持って出掛けた。

 

まるで龍の形をした雲の胸に抱かれて皓皓と輝く満月。

 

11年前のカンボジアの月夜を想い出した。当時四方僧伽のメンバーとして日本人として一人カンボジアに滞在していた私は、夜空を眺めては、この同じ月を日本の家族や友人・知人も

見ているだろうかと日々想像に耽ることが多かった。

FBやTwitterがなかった時代では、簡単に海を越え日本とコミュニケートすることはできなかったのである。

 

どうしようもない寂しさと大いなる自然の癒しに包まれていた。時折、月に心の限りを呼びかけていた。

 

プノンペンから離れた郊外の空に浮かぶ月は、おとぎの国の月だった。

 

天の川が、・・・・ほんとうにこれが天の川~ミルキィ―・ウェイ

 

自然の織りなす芸術は、壮大だ。

 

これに比べれば、どんなに想像を巡らしても人間の業(わざ)は、小さく思える。

 

収集場からお寺に辿り着いてふたたび空を見た時には、もう既に月は、上から龍を照らしていた。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
寺子屋道場 in 要唱寺
mahadharma.jp
住所:〒361-0037 埼玉県行田市下忍138-1
TEL:048-553-0949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇