ブログ

2018/10/07

固定観念という罠

 

人生を悩ましいものにしている大きな原因に、私たちの心の中にある「固定観念」かある。

 

人は、生きてゆく過程でさまざまな体験をし、種々の学習をしてゆく。

 

心地よいものでも辛いものでも強烈な体験したり、くり返し体験されるとやがて固定観念が作り上げられてゆく。

「〇〇とは、こういうものだ(ものに違いない)」と・・・

 

学習されたものは、役に立つことがある。

 

しかし、固定観念によって、わたしたちの知覚、感情、思考パターンが支配されてゆくという問題が起こる。

 

そもそもその見解は、ほんとうに正しいのだろうか?

人の一面だけを見て判断しているに過ぎないのではないだろうか?

 

仮にその時の見解が、正しかったとしても、相手はその後変化しているかも知れない。

 

それなのにかつて自分の中に生じた固定観念に基づいて(色メガネで)人や世界を観て反応する。

 

これが、人間関係の中でさまざまな不具合、苦悩、トラブルが生じ止まらない原因である。

 

時折、こころのメガネを掃除し、時の変化に柔軟に対応したり、その一の他の側面も観察できる人となろうとしなければならない。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
寺子屋道場 in 要唱寺
mahadharma.jp
住所:〒361-0037 埼玉県行田市下忍138-1
TEL:048-553-0949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇