ブログ

2017/08/16

あいさつ 2

 

心からの挨拶でなくともあいさつは、平和をつくる大切な智慧だと申しました。

 

しかし、やはり心のこもった素直な挨拶ができる方が、良いに決まっています。

 

そのためには、まずじぶんの”たましい”の声が、自然と涌き出るようになることが肝心です。

 

“たましい”の声とは、損得や利害あるいは作為的なものではない心の底からの声ということです。

 

ただし、このことは生育環境や社会環境によって埋もれてしまっている場合も多いのです。

 

そこでそうした心を発掘するために瞑想などが有効なのです。

 

 

カウンセリング&唱題プラクティス

http://www.shodai-practice.com/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
寺子屋道場 in 要唱寺
mahadharma.jp
住所:〒361-0037 埼玉県行田市下忍138-1
TEL:048-553-0949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/08/16

あいさつ 1

 

わたしたち人間は、心から心へとコミュニケートできるととても安心感や幸福を感じます。

 

ほんとうは、心と心で直接互いの気持ちを感ずることが出来たなら良いのでしょうが、なかなかそういう訳にはゆきません。

 

残念ながら言葉や態度に示さずして他人の心をダイレクトに感じられるほど私たちの心の機能は、優れてはいません。

 

また感じ取れない、ということは、いらぬ不安や憶測の原因ににります。

 

だからこそ、それを伝える手段として言葉や挨拶などの行為が発達したのでしょう。

 

「おはようございます」「さようなら」

 

たとえ心からではなくても努めて挨拶をするということは、たがいの不安を取り除き平和に付き合う智慧のひとつだとも言えます。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
寺子屋道場 in 要唱寺
mahadharma.jp
住所:〒361-0037 埼玉県行田市下忍138-1
TEL:048-553-0949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/08/15

リーダーとは?

 

先にリーダーの資質のない上司について挙げたので今回は、リーダーとはどんな心を持つ人か? について考えて見たいと思います。

 

まずは、海軍大将であった山本五十六氏の言葉を紹介させていただきます。特に太字の部分が有名です。

 

 

やってみせ、言って聞かせて、
させてみせ、ほめてやらねば、
人は動かじ。
話し合い、耳を傾け、承認し、
任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、

信頼せねば、人は実らず。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
寺子屋道場 in 要唱寺
mahadharma.jp
住所:〒361-0037 埼玉県行田市下忍138-1
TEL:048-553-0949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/08/14

おぼん

 

正式には、盂蘭盆(うらぼん)と言います。

 

盂蘭盆とは、サンスクリット語「ウランバナउल्लम्बन 」を音写といって漢字の音的に置き換えた言葉です。「逆さづりの苦しみ」を意味します。

 

今から2500年ほど前お釈迦さまの弟子目連尊者という方が、死後餓鬼道に墜ちて苦しむ母の魂をお釈迦様の教えにしたがって救った事が基になって作られた行事です。

 

日本では、その中にさまざまな心遣いが込められた文化的行事として発展しました。

 

もちろんそれは、亡き霊魂への心遣いなのですが、もし良くこの盂蘭盆を実践できたならその人は、実生活の中でもとても幸福に満ちた人間関係を築くことができるでしょう。

 

ほんとうに素晴らしい内容が、含まれていますので是非機会があったらお寺のお坊さんに詳しい内容を聞いてみてください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
寺子屋道場 in 要唱寺
mahadharma.jp
住所:〒361-0037 埼玉県行田市下忍138-1
TEL:048-553-0949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/08/14

他人を管理したがる人の心

 

いわゆる〇〇管理者が、云々というわけではありませんが、

 

人を管理したがる人の心理の底には、「恐怖心」があります。

 

自らの「恐怖」が基にあるがために他人を管理せざるを得ないのです。

 

以下ご参考に。

 

リーダーの資質がない上司が持つ10の特徴

https://forbesjapan.com/articles/detail/15857?utm_source=YahooNews&utm_medium=referral&utm_campaign=yahoonews

 

人は本来、創造的で協調性があるものだが、毎日あるいは毎週行われる無意味な評価や順位付けがそれを阻害している。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
寺子屋道場 in 要唱寺
mahadharma.jp
住所:〒361-0037 埼玉県行田市下忍138-1
TEL:048-553-0949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/08/13

カンボジアの活動が日蓮宗新聞に

記事の内容などについては、こちら⇓をご覧ください。

 

https://www.cep-ngo.net/single-post/2017/08/11/%E6%97%A5%E8%93%AE%E5%AE%97%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%81%AB%E6%8E%B2%E8%BC%89%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F

 

これからも頑張り過ぎず持続的に活動してゆきたいと思います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
寺子屋道場 in 要唱寺
mahadharma.jp
住所:〒361-0037 埼玉県行田市下忍138-1
TEL:048-553-0949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

24時間WEB予約もできる安心のお悩み相談で人気の埼玉の要唱寺のブログをぜひご覧ください

埼玉県行田市にある要唱寺のブログでは、大学病院医師(精神科)としての経験を持つ僧侶による日々の活動の様子や、悩める方へのアドバイスや心の平穏を得るためにお役立ていただける情報、世界平和を祈る活動や社会貢献活動についてご紹介しております。
要唱寺では精神科医としての経験を持つ僧侶により、心理学や精神医学に基づくカウンセリングと仏教に基づく祈りや瞑想を融合した、これまでにないお悩み相談をご提供しております。お電話でのご予約はもちろん、WEBの専用ページからも24時間ご予約いただけますので、お気軽にお申し込みください。
埼玉県の要唱寺では水子供養や動物供養も行っておりますので、赤ちゃんを亡くしてお悲しみの方や大切なペットを失ってペットロスに苦しんでいる方も、安心してご相談ください。