ブログ

2017/12/13

仏道から学んだもの その1

 

30年ほど前にわたしは、仏道に出会いました。

 

それは、わたしにとって医業を辞めてまで打ち込むのに充分、いや比べものにならないほど価値あるものでした。

 

仏道の修行は、30年間日々新たな魅惑的な体験の連続でした。もちろん厳しい時もありましたが、それもあってこそ魅力的です。

 

今日は、その私が、体験し感じた仏教(仏道)についてお話ししたいと思います。

 

そもそも仏教の仏とは、何か?

 

仏とは、「目覚めた人」という意味です。

 

何に目覚めるのか?

 

それは、生きる真実ということです。

 

生きる真実とは、何か?

 

多くの人は、苦しいこと辛いことを避け、楽しいことだけを求めます。

 

しかし、現実は、不安、ストレス、学校や職場での人間関係、死別の哀しみ、・・・など辛さが満ち満ちており、なくなることはありません。

 

このような現実をどう克服して、人々とのかかわりの中で自在で創造的な人生を開くか?

 

ということです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
寺子屋道場 in 要唱寺
mahadharma.jp
住所:〒361-0037 埼玉県行田市下忍138-1
TEL:048-553-0949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/11/08

教えと実際

 

他人を愛しなさい。愛こそが、世界をほんとうの幸せに導くもの。

 

この教えは、間違いではありません。正しいことです。

 

でも「愛」は、愛という知識を与えられたらそうなるものでもないし、ましてや強制されてできるものではありません。

 

「愛」は、涌きあがってくるものです。

 

では、どうしたら涌きあがってくるようになるのでしょう。

 

日々さまざまなストレスに晒され、傷つき、他人を自分の都合理良い様にコントロールしたがる枯れ果てた私たちの心から・・・・。

 

その実践法こそが、今日もっとも大事なものだと思います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
寺子屋道場 in 要唱寺
mahadharma.jp
住所:〒361-0037 埼玉県行田市下忍138-1
TEL:048-553-0949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/10/19

統合医療甲子園 in 京都にて講演 10/14

22366643_1479340145479968_105784415350499918_n

会場 京都城陽パルク

 

22448107_1452169571546724_3306174485284233563_n

元京都大学医学部教授 白川 太郎 先生  東洋医学や民間療法の意味を現代科学的に見事に説明してくださいました。目から鱗です。

 

22519262_1452164188213929_159940970643188877_n

『祈りと統合医療』について講演

「祈りにもいくつかのタイプや深さがあります。ほんとうの祈りとは、私が祈るという自我意識を超え、神仏がわたしたちを祈ってくださっている、或いは私という個と神仏とが一体となって祈っている、という状態なのです。そこに極めてすぐれた自然治癒力の場が生じます」

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
寺子屋道場 in 要唱寺
mahadharma.jp
住所:〒361-0037 埼玉県行田市下忍138-1
TEL:048-553-0949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/10/07

講演 『祈りと統合医療』10/14(土)

 

オックスフォード大学医学部留学、ウェールズ大学医学部助教授、京都大学大学院医学科研究科教授を務められた世界的な遺伝子学者 、さらに統合医療の開拓者に転向され独自の医療の境地を開かれた、白川太郎先生とのコラボ。


わたしのテーマは、「祈りと統合医療」です。

この祈りは、古くて新しいタイプの祈りです。

単なるお願い事では、ありません。単に心地よいスピリチュアルな世界でもありません。

深い癒しと共に、気づき、智慧、心理的な力をもたらし、問題解決へと導くものです。

https://www.facebook.com/events/122485931745699/?ref=ts&fref=ts

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
寺子屋道場 in 要唱寺
mahadharma.jp
住所:〒361-0037 埼玉県行田市下忍138-1
TEL:048-553-0949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/09/27

瞑想法あれこれ

 

仏教には、様々な瞑想法があるが、

大別すると『止=サマタ』と『観=ヴィパッサナー』の二種となる。

 

天台では、この二種を時々によって使いこなしてゆくことによって覚りに達しようとする。

 

シッダールタ(おしゃかさま)は、菩提樹の下で覚りを開いたとされるが、その時の瞑想法が、観=ヴッパッサナーだと言われている。

それゆえに結論だけ切り取ってヴィパッサナーをやれば良いと思われがちであるが、

見落としてはならないことは、サマタという十分な基礎の上にヴィパッサナーが成り立っている、ということである。

 

したがって天台の止観の両用は、理に適った方法であると思われる。

 

ところで唱題は、どうかと言うと、さらに止観が統合されたシステムとなっている。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
寺子屋道場 in 要唱寺
mahadharma.jp
住所:〒361-0037 埼玉県行田市下忍138-1
TEL:048-553-0949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/09/25

唱題プラクティス~心の行方

 

(1)唱題プラクティスは、ウォーミングアップに始まる。

前回から今回までの間の日常生活によって積もった心の塵を落とす。日常生活では、さまざまな誘惑や執着が起こる。不安・恐怖・怒り・・・こそうした感情や行動も心の塵や垢となって積もってゆく。それらを祓って清らかな状態へと調整する。

 

(2)次に無心に唱えられる状態が形成される。雑念や感情に影響されない心。仏法(普遍の原理)と心が、一致するということでもある。

 

(3)次いで他人のために祈る、ということが、可能になる。共感というものは、良いことばかりではない。それが故に時に恐怖をもたらす。

苦しみにあえぐ人に共感するが故に恐怖が起こり嫌悪感や回避衝動がおこることがある。他人の苦しみを冷静に受け止め対応することが出来るためには、その前に安定した心と慈悲の精神が育まれなければならない。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
寺子屋道場 in 要唱寺
mahadharma.jp
住所:〒361-0037 埼玉県行田市下忍138-1
TEL:048-553-0949
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

24時間WEB予約もできる安心のお悩み相談で人気の埼玉の要唱寺のブログをぜひご覧ください

埼玉県行田市にある要唱寺のブログでは、大学病院医師(精神科)としての経験を持つ僧侶による日々の活動の様子や、悩める方へのアドバイスや心の平穏を得るためにお役立ていただける情報、世界平和を祈る活動や社会貢献活動についてご紹介しております。
要唱寺では精神科医としての経験を持つ僧侶により、心理学や精神医学に基づくカウンセリングと仏教に基づく祈りや瞑想を融合した、これまでにないお悩み相談をご提供しております。お電話でのご予約はもちろん、WEBの専用ページからも24時間ご予約いただけますので、お気軽にお申し込みください。
埼玉県の要唱寺では水子供養や動物供養も行っておりますので、赤ちゃんを亡くしてお悲しみの方や大切なペットを失ってペットロスに苦しんでいる方も、安心してご相談ください。